【表参道】秋の雷鳥は必食!ジビエ好きには堪らない星付きフレンチ。@ラチュレ(LATURE)

訪問日

2018年9月

食べログ評価

レストラン・お店 ラチュレ (LATURE)
ジャンル フレンチ
場所 東京都渋谷区渋谷2-2-2 青山ルカビル B1F
時間 ○Lunch / 11:30~15:30(L.O13:30)
○Dinner / 18:00~23:00(L.O20:00)
定休 不定休(HPまたは食べログ備考欄に記載しております)
予算(昼) ¥5,000~¥5,999
予算(夜) ¥10,000~¥14,999
支払
カード不可 / 電子マネー不可

アクセス

渋谷駅 中央口 ヒカリエ方面:徒歩7分
表参道駅 B1出口:徒歩6分
※青山学院大学 西門の近くです。タクシーでお越しの際はお伝えください。

受賞歴

  • The Tabelog Award Silver 受賞店
  • The Tabelog Award Bronze 受賞店
  • 食べログ フレンチ TOKYO 百名店 選出店
  • ミシュラン1つ星 受賞

総評

ジビエとフレンチ料理を融合されたミシュラン星付きフレンチレストラン「ラチュレ」。
オーナーシェフ 室田拓人氏は、レストラン「タテル ヨシノ」を経て、2010年より「deco」のシェフに就任。その傍ら2009年に狩猟免許を取得。
2016年8月に独立し表参道に LATURE(ラチュレ)をオープン。2016年12月、『Gault&Millau(ゴーエーミヨ)』にて明日のグランシェフ賞を受賞。
「ミシュランガイド2018」から毎年ミシュラン1つ星を獲得。2021年には、サステナブルな食を提供する飲食店を評する「グリーンスター」を受賞した。

■食べたもの

コース

狩猟免許を持ち、自ら猟もするという室田シェフのこだわり全開の美しく美味しいフルコースを味わえる。
鹿の毛皮や松ぼっくりなどを使い一皿ごとに‘自然’を感じる演出も素晴らしい。
クラシックなジビエ料理を現代風にアレンジし、自然の恵みを余さず使い切る愛に溢れた贅沢なジビエフレンチであった。

特に、雷鳥のローストは必食だ。秋の短い期間しか出回らない雷鳥。室田シェフから「クセが強めですが・・・」とおすすめされチョイスしたが間違いなかった。
見た目はエグく、独特の香りと苦味が印象的で野生感溢れる味わい。勧められた脳みそも白子のようにとろっと濃厚で美味しかった。

見た目、香り、味わい、強烈なインパクトを与えてくれる「ラチュレ」。
間違いなくジビエ好きの必修科目だ。

〈総評価〉★★★★☆

※評価基準(個人的な勝手な基準なのでご参考程度に見ていただけたら嬉しいです。)
評価基準
★★★★★ ぜひ再訪したい!!
★★★★☆ 機会があれば再訪したい!
★★★☆☆ 再訪しても良い。
★★☆☆☆ 一度行けば良いかな。
★☆☆☆☆ 行く必要なし。

予約方法

食べログ

一休レストラン

関連記事

  1. 【羽田空港】リーズナブルな朝食TKG。フライト前に手早く腹ごしらえ。@うちのたまご直売所

  2. 人形町にある肉割烹の最高峰。4人だけのカウンター特等席で極上和牛コースを堪能。@おにく 花柳

  3. 【芝公園ランチ】生肉好きな方におすすめのお店。 名物「塩ユッケ」と「牛トロ丼」は必食。@KOSO

  4. 【浜松町】寿司職人でもあり、利き酒師でもある。鮨と日本酒のマリアージュが堪らない。@鮨 浩也

  5. 【六本木ヒルズ】気軽にロブション。カジュアルでも本格フレンチを楽しめるお店。@ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション

  6. 小十の鮎は絶品。ミシュラン2つ星の日本料理の名店。@銀座 小十

error: