【浦和】江戸時代から続く老舗鰻屋の五右衛門うなぎを食す。@小島屋

訪問日

2019年10月

食べログ評価

レストラン・お店 小島屋
ジャンル うなぎ
場所 埼玉県さいたま市南区太田窪2166
アクセス JR南浦和駅(東口)より、徒歩約22分
タクシーで5分
車の場合、県道35号(産業道路)の南浦和駅入口交差点を駅方向に曲がり、100m程行ったファミリーマートさいたま太田窪店の角を曲がり進行する。
時間 [火~金]
11:00~15:00(L.O)
17:00~19:30(L.O)
[土・日・祝]
11:00~19:30(L.O)
定休 月曜日(祝日の場合は営業し、翌日が休み)
予算(昼) ¥4,000~¥4,999
予算(夜) ¥10,000~¥14,999
支払
電子マネー不可

総評

南浦和にある、江戸時代から続く老舗のうなぎ屋「小島屋」。
以前、アド街ック天国やマツコの知らない世界でも紹介された人気店だ。
うなぎ激戦区浦和では外せないかなりの有名店。お店は住宅街の中にあり、場所がわかりにくく注意が必要だ。

■食べたもの

うな重 松(肝吸い、お新香付き)

肝焼き

玉子焼き

鯉コク

お土産

客層は地元の年配の方々が多め。活きたうなぎをその日にさばき、その日に提供するスタイル。
うな重の値段の違いは量のみ。竹と松があり、竹だとうなぎもごはんも半分になる。
こちらのうなぎは蒸さずに茹でるのが特徴。これを五右衛門蒸しと呼ぶらしい。
油はしっかりと落ちていてスッキリ食べやすいうなぎになっている。
タレは甘さ控えめで、濃すぎない絶妙な美味しさ。
うなぎも分厚く大満足。

〈総評価〉★★☆☆☆

※評価基準(個人的な勝手な基準なのでご参考程度に見ていただけたら嬉しいです。)
評価基準
★★★★★ ぜひ再訪したい。マイベストレストラン。
★★★★☆ 機会があれば再訪したい。おすすめできるレストラン。
★★★☆☆ 再訪しても良い。選択肢に入ってくる。
★★☆☆☆ 標準基準。一度行けば良いかな。
★☆☆☆☆ 印象が悪い。行く必要なし。

予約方法

食べログ

関連記事

  1. 【浦和】埼玉県最高峰のうなぎ。特徴は骨を手作業で抜いたふわとろの食感。@鰻 むさし乃

  2. 【武蔵野うどん】次こそは、絶対「太麺」!! ワイルドな手打ち麺は早目に売り切れるので注意!@駕籠休み

  3. 【北浦和】マツコの知らない世界でも紹介された日本一美しい鰻重。@うなぎ処 古賀

  4. 【川越駅西口すぐ】鶏と魚介の出汁の旨味が効いた鶏塩つけ麺。@麺匠 清兵衛

  5. 【浦和】人気ラーメン行列店。 鶏の旨味をストレートに感じる濃厚鶏白湯。@鶏そば 一瑳

  6. 【大宮】女性にも人気の老舗ラーメン食堂。ノスタルジックなワンタン麺。@多万里

error: