コロナ禍に浜松町にオープン。若手が握るお寿司と日本酒のマリアージュが堪らない。@鮨 浩也



〈総評価〉
★★★★☆



※評価基準(個人的な勝手な基準なのでご参考程度に見ていただけたら嬉しいです。)
評価基準
★★★★★ お気に入り〔リピート必須・殿堂入り〕
★★★★☆ めちゃ美味・人にお勧めしたい
★★★☆☆ 美味・好みが分かれそう
★★☆☆☆ イマイチ・自分から行こうと思わない
★☆☆☆☆ 自分に合わず・行かなくていいかな

食べログ評価

🗓訪問日 2021年12月
🏠レストラン・お店 鮨 浩也
💟評価 3.74
🍽ジャンル 寿司、割烹・小料理、和食(その他)
🗾場所 東京都港区浜松町1-9-2 E-GAMIビル 1F
🕒時間 12:00~(日曜日限定)
18:00~23:00
※18:00~、20:30~の二部制となります。
※予約状況に応じて他の時間帯でも御予約承ります。直接店舗にお問い合わせ下さい。
🛌定休 不定休
☀️予算 ¥15,000~¥19,999
🌙予算 ¥20,000~¥29,999
💰支払
カード可(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners) / 電子マネー不可

アクセス

大門駅、浜松町駅北口より徒歩6分

寿司職人でもあり、利き酒師でもある。研究オタクな本橋氏の料理哲学にハマる。

コロナ禍に浜松町、大門エリアに出現した『鮨 浩也』。
大将を務めるのは、本橋 拓也氏。1991年生まれ。江戸前鮨職人・利酒師。
都内の日本料理店を経て、日本酒の名店“麦酒庵”の料理長を勤める。その後、銀座に本店を構えるシンガポールの江戸前鮨店(ミシュラン1つ星4年連続受賞中、アジアベスト50’5年連続受賞歴)にて板前として海外勤務。
そして、2020年7月、お父様のお名前と 御本人のお名前から冠して「鮨浩也」を満を持してオープン。
モダンな外観から 扉を開けば、L字カウンターの落ち着いた空間とBGMが、寿司屋ならではの緊張感も和らぎ心地よい。
鮨屋の魂ともいえるシャリは、世界最高米に2年連続で認定された長野県飯山市の七○八米と、山形の「雪若丸」をブレンド。
黒シャリが特徴的でサイズは小ぶり。「黒酢」と「赤酢と米酢のブレンド」を用いた2種の酢飯を鮨ダネに合わせて使い分ける。
毎朝市場まで足を運んで目利きした産地直送の魚と、四季折々の野菜の長所を和食店で磨いた技法で最大限に引き出す。
そして、利酒師でもある大将本人がセレクトした日本酒と鮨のマリアージュ。
お酒を飲みながらゆっくりと楽しめるコース内容となっている。

受賞歴

食べログレストランランキングTOP5000

総評

レストラン予約ウェブサイト【Pocket Concierge】を通して、予約。
握りは光物中心でシャリは若干硬めに炊き上げ、赤酢と黒酢を使い分けている。構成も新鮮で驚いた。
酢は控えめで、シャリは主張せず、種と合わせて美味しさを感じさせる。
寿司職人であり、利酒師でもある大将の手しごとが活きる鮨・小料理と、日本酒ペアリングのマリアージュも秀逸。
名刺代わりの大将が最も好きだという「鯖の棒寿司」。炭で炙られた香ばしい脂のうま味がたっぷりの鯖。パリパリの海苔に包まれた肉厚のサバをパクッといただくと一気に虜になるだろう。
トロとウニのうま味が絡み合う「うにトロタク」は、締めにふさわしい。
価格面では大満足。しかし、大将とスタッフの熱量に差があったのか比較的カジュアルな印象を受けた。
大将はまだ若く今後が楽しみで仕方ない。

おまかせコース+日本酒ペアリング 26,400円(税込)

鮨 浩也
050-5597-8916
東京都港区浜松町1-9-2 E-GAMIビル 1F
グルメサイト「食べログ」へすすむ→

関連記事



error: